本文へスキップ

名古屋駅からすぐの低価格・口コミで有名な審美歯科

フリーダイヤル0120-14-1825

〒451-0045 名古屋市西区名駅2-23-14 VIA141

ホワイトニングTOP > ホームホワイトニング > オフィスホワイトニング > デュアルホワイトニング
ブライダルホワイトニング > 症例写真集 > Q & A > モニター募集 > 治療費

治療費

自費診療について

自費診療 自由診療  保険適用外の自費診療につきましては、患者さんのニーズに合った治療方法をご提供させて頂いております。

 患者さんにとって最良と判断した場合は自費診療をご提案させて頂くこともありますが、どうしても皆様お値段が高いので躊躇してしまいがちで、できるだけ保険診療で済ませたいと誰しも思われるところなのは、重々承知しております。
 しかしながら、保険診療に含まれているかぶせ物や詰め物では、最低限の治療しかできませんので、しばらくすると割れたり不都合が出たりして、作り直しになることが少なくありません。
 一方、自費診療は、材料に制限が無いため、咬み心地、内面の金属、表面の白い部分、全てにおいて自然の歯に近い高品質のものをお口の中に入れることができます。
 皆様の大切なお体のことなので、ご自身やご家族様とご検討頂き、しっかり吟味して頂きたく思います。

 なお、当院では自費診療費をできる限り抑えるよう努力しているため、安いことに疑問を抱かれる方も少なくありません。詳しくは、安さのヒミツ →をご一読ください。


治療費一覧

※ 治療費は全て税抜価格です。  
 審美歯科 商品名 説明
オールセラミッククラウン e-max 白い歯のかぶせ物
変色しない
治療費 \80,000 モニター価格 \50,000
オールセラミックインレー e-max 白い歯のつめ物
変色しない
治療費 \80,000 モニター価格 \50,000
メタルボンドクラウン   白い歯のかぶせ物
変色しない
治療費 \80,000 モニター価格
ハイブリッドインレー グラディア 白い歯のつめ物
多少変色する
治療費 \40,000 モニター価格
フルジルコニアクラウン セルコンht 白い歯のかぶせ物
変色しない
治療費 \80,000 モニター価格 \50,000
ジルコニアセラミッククラウン セルコン
プロセラ
白い歯のかぶせ物
変色しない
治療費 \100,000 モニター価格 \80,000
ゴールドクラウン   金色のかぶせ物
変色しない
治療費 \40,000 モニター価格
                                                                                       
ホームホワイトニング [ 初回 ]
オパールエッセンス(4本) 型取り、調整料含む
マウスピース・上下薬剤2週間分
治療費 28,000 モニター価格 \9,000
ホームホワイトニング [ 2回目以降 ]
マウスピース 片顎 治療費 \7,000
薬剤 1本 治療費 \3,500
オフィスホワイトニング [ 初回 ]
Dr.control50と35%過酸化水素水 上下顎(左右5番〜5番まで) 1回分
治療費 \12,000
オフィスホワイトニング [ 2回目以降 ]
Dr.control50と35%過酸化水素水 上下顎(左右5番〜5番まで) 1回分
治療費 \10,000
ブライダルデンタルエステコース
ホームホワイトニング+オフィスホワイトニング+ガムピーリング(上下の歯茎)
治療費 \50,000 モニター価格 \31,000
                                                                         
歯ぐきの治療 説明 治療費
歯ぐきの整形 笑った時に見える歯ぐきの露出を抑える(1歯) \4,000
ガムピーリング 歯ぐきの黒ずみを除去する(片顎:\5,000) \10,000
                                        
PMTC クリーニング 説明 治療費
スタンダードコース 30分〜40分程度 \4,000
スペシャルコース 50分〜1時間程度 \8,000

定期検診 説明 治療費
保険適応 レントゲン撮影は毎回必要ではありません。
レントゲン撮影をする際は別途加算となります。
\3,000弱

お支払い方法

自費治療に限り、各種クレジットカード、事前銀行振込みでのお支払いを受け付けております。
クレジットカード
                                

医療費控除

医療費控除とは・・・?

歯医者さん 領収書

 医療費控除とは、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費の合計金額が10万円を超えた場合(※年収によっては10万円以下でも可能)、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことです。

医療費控除の対象となる医療費の要件

(1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
  (実際に支払った医療費の合計額 - (1)の金額) - (2)の金額

(1) 保険金などで補てんされる金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
(2) 10万円
 (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

控除を受けるための手続

 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。
 医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。
 また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。
 詳しくは、国税庁のホームページをご覧ください。

                                


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
28日(月)19:30まで診療(最終受付19:15)

□通常診療 / 午前診療 / 休診日


 院長: